業務先で頼むなら業務用がお得

ウォーターサーバーと言えば最近では一般的家庭でも使われていますが、元々は業務用として誕生しました。なので業務用ウォーターサーバーはメリットが大きく、家庭用とは比べるまでもないとされています。
まず、自分の會社で働く社員に安全な水を無料に近い金額で提供できる點になります。一般的な企業では自動販売機を社內に設置している所も多いのですが、ウォーターサーバーと比べると電気代が高くなってしまいます。
また空き缶やペットボトルなどのゴミの処理も必要ありませんので、ゴミの減量と言うメリットにも繋がっています。そしてオフィス特有のメリットとして、來客対応に美味しいお茶やコーヒーを出せると言う物があります。
これはウォーターサーバーを利用する理由にもなっている美味しい水を使える事や、いつでもお湯を使えると言う點がポイントになっています。基本的に會社と言う物は來客が多い物になります。何らかの業者が來ることもあれば重要な取引先の方なども來客になりますので、その様な時に時間をかける事無く飲み物を出せる事は大きなメリットになっています。
さらに業者が會社まで宅配で運んでくれますので、社員に頼んで購入しに行く手間が省けると言うのも魅力的なポイントになっています。

業務用のウォーターサーバー

天然水との比較

ウォーターサーバーと混同されやすいのが天然水になりますが、基本的には同じでも決定的な違いが生じています。
まず、ウォーターサーバーでも市販されている天然水でも採水地などは同じことが多くなります。また水質検査も同様の物が行われていますので、基本的に採取した水は同じ物とされています。しかし、この後のろ過や滅菌などに違いがあります。
まずウォーターサーバーで使用される水は、原水をフィルターにかけてろ過しミネラル調整やオゾン殺菌、紫外線殺菌を行います。なので非常に安全性が高く、安心して飲める水として販売されています。
一方ミネラルウォーターなどの場合は基本的にはろ過、沈殿、加熱殺菌と言った工程を経て販売されています。したがって味はほとんど同じだとしても安全性という面ではウォーターサーバーの方が高くなります。
なおウォーターサーバーに入っている水は衛生環境の良い部屋でしかボトリングできないようになっています。これは非常に大きなポイントになっていて、綺麗なボトルに綺麗な水を綺麗な部屋で入れる事にこだわっています。
ですのでボトルの內部に不純物が混入したり、ボトルキャップから雑菌が繁殖してしまう可能性を最小限に抑えることができるようになっています。

嫩草影院,嫩草影院在线播放,嫩草影院高清免费